Mirror - TETSUO KONDO ARCHITECTS

Mirror

Outline

Outline

Thinking about mirrors, they are intriguing object. There is no color or texture to mirror itself, and no expressions such as soft or hard.
Something that is sort of hard, silver shiny can be visualized, but what is being seen in real is the reflection of surrounding scenes, and not the mirror itself.
And always taking in the surrounding reflections, despite of having influence which is not negligible against the environment, I felt main importance of designing mirror is very much limited to where it is not mirror, but mainly the frame.
Then, I tried to think existence against environment from the point of mirror itself’s expression, but not to think where to place this “object in the frame which reflects surroundings.”
Special film is applied to the surface of this full-length mirror, which reflects a clear image at its center, when looked at directly.
Functional in essence, the piece also maintains the aura of a sculpture, softly shining when seen from an oblique angle. The frame is finished with subtly embossed paper, revealing itself on close inspection.
Depending on the beholder’s viewing angle and distance, the mirror’s appearance transforms - sometimes a strong presence is felt while, occasionally, this unique object seems to disappear.
By making the mirror an object such as chair, table or carpet, it naturally becomes influential to spaces ; maybe use the other side as lounge or place a potted plant next to it and make relaxing atmosphere.
Acquiring existence of itself, I feel the mirror became something that blends into interior.

Period:July 2008 - January 2009
Size:W910 x H1250 x D11
Structure:mirror, wood frame, embossed water proof paper

考えてみると、鏡というのは不思議な物だ。鏡自体には色もテクスチャもなく、柔らかいか固いかといった表情もない。なんとなく固くて銀色でツルツルしたものを思い浮かべるけれど、実際は反転した周囲の景色を見ているだけで、鏡を見ているわけではない。
そして、そうやって常に周辺を映し込み、場所に対して少なくない影響力を持っているにも関わらず、多くの鏡のデザインというのは鏡以外のところ(主にフレーム)に限定されているように感じられた。
そこで、「フレームに入った周りが映る物」をどこかに置くというのではなく、鏡自体の表情から、場所に対する存在感について考えてみることにした。
この姿見は表面に特殊なフィルムを貼っていて、正面だけ像が映るようになっている。自分の姿を映すという姿見本来の機能だけに限定し、正面以外からは柔らかく光る彫刻のような絵画のような佇まいとなっている。枠は紙で仕上げていて、近づかないとわからないくらいの、ささやかなエンボス加工を施した。
見る角度や距離によって少しずつ全体の表情が変わり、主張しているようなしていないような、ちょっと変わった家具になった。椅子やテーブルや絨毯のように1つのオブジェクトとして存在する事で、向こう側をラウンジみたいに使おうとか、隣には鉢植えを置いて落ち着いた場所にしようとか、自然と空間に影響を及ぼしていく。自身の存在感を獲得する事で、インテリアに溶け込める物になったのではないかと思う。

期 間:2008年7月 - 2009年1月
サイズ:W910 x H1250 x D11
主材料:鏡、木、紙